cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.4.4

春休みベイブレード大会にこうと友達3人を連れて新浦安まで出かけた。同じ小4男子でもみな個性がはっきりしている。ひょうきんに務める子、物静かな子、勝負事の塩梅に興味深々な子、そしてうちの子は典型的次男坊気質。基本的には優しくて友達想いなんだけど、周りの雰囲気に同調しすぎたり、欲しいものを買ってもらえなかったり自分の想い通りにならないとふてくさる。身体は4人の中で一番大きくて自分の子供時代と比べて羨ましいなと思う。

葛西臨海公園の桜が見頃っぽい。曜日関係なく行けるんだから、今年は満開日を狙って見にいこう。

2017.4.3

息子と自分の散髪のため、早めに家で昼食を食べてから銀座に出かける。国際フォーラムでは大学の入学式らしく、着慣れないスーツに身を包んだ若者が多くいた。新社会人の入社式も多くが今日。ここ数年間は迎え入れる側で仕事していたので、退社の実感を感じてしまった。なんだか不思議な気持ちだけど、役目が終わったんだなと。自分は自分の新学期を迎えるとしよう。

髪型の方は息子は前回同様のアシンメトリーショートカットにご満悦で、ワックスで前髪を立ててもらい、更にご機嫌な様子。自分はここ半年同様のヘアスタイルに。人に見られる商売になるので、したい髪型よりもそう見られたい髪型にしていくと決めた。そして実際、これが一番似合っている髪型のように思う。

2017.4.2

おそらく1ヶ月ぶりに筋トレをした。筋トレといっても、腕立て20回、腹筋20回、背筋20回、腿裏上げ20回、首筋10回程度のものだが。サボっていた理由は仕事終わって帰ってきて風呂に入る瞬間時間がなくなったからとか左ふくろはぎが軽く肉離れしているからといくつかあるが、要は元々が筋トレ嫌いなのが一番だと思う。

中高と体脂肪率10%の瘦せ型。人に言わせるとスリムでいいねなのだけど、サッカー選手としたら最悪。当たり負けするわ体力はないわ。で、筋トレして筋肉つけようとしても脂肪がないから付かないわけ。効果の見えない筋トレは疲れる痛いだけの代物だった。

40代の身体はくだり坂。脂肪もあるので毎日適度に筋トレしたら維持くらいはできるはず。サボらずにやろう。

2017.3.31

3月が終わる。月日が経つのは早い。

1時間弱の半身浴のあと、こうの部屋で英語の勉強。リビングを昨日ツタヤで借りてきたクレヨンしんちゃん鑑賞会で占拠されてしまったからだ。けどこれが意外と捗る。照明スタンドの光が懐かしかった。

2017.3.30

集中力が続かない。90分を1コマとしてやってるけどもたない。決めた時間は席から離れないを癖付けするところから始めている。3日間やったら特に英語なんかは頭に入ってくるようになってきた。継続することが大切。

子供たちの昼ごはんを用意した後、自転車で近所のスーパー銭湯に出かける。サウナで発汗し冷水で引き締める。足を伸ばしながらぬる湯に浸かり、目を中心にマッサージする。昔から思っていたけど、旅館に泊まるとか旅とかは興味がわかないけど、お風呂や温泉は大好きだ。

2017.3.29

シャツを2枚重ね着して寝たからか、すごく熟睡できた。起きてから軽く英語の復習をして、ハムチーズトーストを焼いて食べる。こうと銭湯に行く約束は、彼の遅寝遅起きによりキャンセルとなる。熱めのシャワーを浴びて気持ちをやり過ごす。午前中に1コマ英語を行う。文法は難しい。全部覚え込まなくても基本的なルールや構造を押さえて長文読解できればいいので、理解することに徹する。

 

お昼は海外ドラマを見ながらクリームミートソースパスタをつくって食べた。味噌を隠し味にしたのがよかった。

 

午後は1コマ勉強した。これを2コマずつやるのか。慣れと集中力を養わないと。

2017.3.28

昨晩、会社の1年目の後輩が個別送別会を開いてくれて、調子に乗って締めの博多天神をすすってしまったもんだから、朝胃もたれしていた。湯船に浸かってお酒を抜く。

気持ちを入れた本格的勉強を開始した。朝風呂後に30分の復習、午前中に1コマ、午後に1コマ。2コマづつやるのをルーティンにするけど、復帰戦いきなりフル活動はできない。ストレッチで体をほぐし、短い出場時間でも出て試合勘を取り戻す時期。集中力や記憶力は低下しまくっているのだから、勉強方も工夫しなくては。若い人と同じようにやったら負けだ。

英文法なんて全然忘れている。これは長文読解の下地になる部分だから、地道に確実におこなっていく。あとは早めに河合塾KALSに申し込みをして、個別ガイダンスで勉強法のアドバイスをもらうこと。相談できる方がいるのは心強い。講習会で先生がおっしゃっていた言葉を胸に頑張ろう。「大学院は勉強すれば誰でも受かります。勉強が全てです。」