cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.7.21

河合塾KALSが独自に作ってくれた模擬試験を受験した。模試なんて何年ぶりだろう。「それでは始めてください」の号令とともに用紙をめくり問題に臨む。解ける問題はある、悩むことができるくらい理解している問題もある、そしてまったく知らない知識を問わているものもあった。1科目の英語は自己採点で29点。長文の日本語訳がまったくできなかった。確実に点数を積み上げたい用語説明も半分しか正解できていない。英語はなんとなくわかるようになってきたものの、全体的に足りないということがわかった。2科目目の専門は53点。終わった瞬間は80点いったんじゃね?というくらいの手ごたえだったが、ひっかけ問題にひっかかっていたり、迷った二択を落としていたりで、精緻に理解できていないことがわかった。ひとつひとつ丁寧に記憶していく勉強法に切り替えていく。

勉強法の本には「本番数ヶ月前の模試の結果は気にしなくていい。その後の2ヶ月で学力は劇的に向上するから」と書いてある。頭ではその通りと思っても、いざ自分の今の実力をつきつけられると凹む。気持ちの問題だ。これをバネにしてここから頑張る。まずは模試の復習から。66.1kg

2017.7.20

お題「好きなお笑い」

ナイツの言い間違い漫才が好き。ノンスタイルの軽快な掛け合いが好き。サンドウィッチマンの二人の真面目さがにじみ出る世界観が好き。最近はペンギンズのアニキとノブオのキャラ設定が好き。66.0kg

2017.7.19

親知らず抜歯した部分が炎症を起こして膿が出ている。腫れて熱を持っている。頼みの綱の左奥歯周辺も傷をつけてしまい、口の中が大変なことになっている。なかなか辛い。

金曜日は模擬試験。模擬試験なんて20年ぶり。今日は英語と統計の基礎を復習した。

66.3kg

2017.7.18

三連休明けの火曜日。NISA口座開設のための住民票を取りに行き、大学院入学願書用の卒業証明書と成績票の取り寄せ手続きをした。目白大学の過去問を2時間かけて解答調べした。本番では7割とらねばらなない。

本日こうは四時間授業。帰ってきてから一緒に銀座の美容室へ出かけた。彼は夏仕様のアシンメトリーカットにしてもらい、左サイドを刈り上げている時の不安顔が面白かった。帰りがけに大阪アンテナショップでたこ焼きを食べた。銀だこより美味しい。66.1kg

2017.7.17

三連休3日目。前々日の4時起きカブトムシ捕りから早朝覚醒が癖になっている。6時前に目が覚め、だらだらと支度やらテレビやらで時間を費やし、9時と同時に図書館の自習室で論述と目白の過去問に取り組んだ。目白は記憶・統計・臨床からの出題という印象。記憶はたまたまなのか例年なのか、もう一年ぶん問いて傾向を把握しなくては。国医福大対策の亀口教授の家族心理学の教本がAmazonから届いていた。

午後は昼寝をした後、こうとイトーヨーカドーへカブトムシ関連グッズを見に行く。昆虫標本といえばナフタリンと注射器だったのに今は違うらしい。780円で標本セットを買い、自由研究に備えさせる。

2日連続で晩酌したので、今晩はお酒を抜く。抜いても問題ない感じになってきた。毎夕食の豆腐一丁はまだ飽きずに食べられている。66.1kg。減り始めたかな。

2017.7.14

歯医者の通院ついでに駅前のTSUTAYAを覗く。岡崎体育MONDO GROSSOのアルバムが今日は置いてあった。ラッキー。秦基博のベストとSuchmosのアルバムも一緒に当日返却で借りた。旧作無料券やT-POINTなどフル活用で500円でいけた。ラッキー。

 

2017.7.13

選択と年齢 心理職で生きていくことを40歳で選択した。

23歳で大学を卒業し、26歳で家族をもち、30歳で二人目の子供を授かり、食うため自己成長のために会社勤めをしてきた。35歳でこの先のキャリアについて緊迫感をもって考え始め、手始めに産業カウンセラーとキャリアコンサルタントの資格を取得した。40歳で心理職で生きていく決心をし、会社を辞めた。この秋に臨床心理資格を取るために必要な大学院入試が待っている。7年後、地域包括ケアシステムの現場で働く心理職になっている姿を想像しながら、今は受験勉強の日々を過ごしている。あと2ヶ月で41歳を迎える。66.3kg