読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2016.12.28

連日の送別サシ飲み、二日続くとしんどい年齢になった。タメ年の仲間と語らうのは気兼ねがなくていい。本音をボトボト言える。ひとりで仕事し始めたらこういう機会は少なくなる。さみしい。
生き方はひとそれぞれ。自分に嘘ついて生きるのが一番良くない。自分で選択した人生ならそれが一番幸せだ。