読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.2.10

夜はタメ歳の同僚と飲み。みんなそれぞれに悩みながら生きている。40にして惑わずとはいうけれど、惑いまくるよねと本音トーク。当時は60まで生きれたら大往生、80まで生きる現代スコープでみたら俺らまだ惑っててもいいんじゃねえの、とか。自分だけの人生じゃなくなってる年頃だけど、結局は自分の人生なんだよね。どこに腹くくるか、そこが大切なわけで。