cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.3.28

昨晩、会社の1年目の後輩が個別送別会を開いてくれて、調子に乗って締めの博多天神をすすってしまったもんだから、朝胃もたれしていた。湯船に浸かってお酒を抜く。

気持ちを入れた本格的勉強を開始した。朝風呂後に30分の復習、午前中に1コマ、午後に1コマ。2コマづつやるのをルーティンにするけど、復帰戦いきなりフル活動はできない。ストレッチで体をほぐし、短い出場時間でも出て試合勘を取り戻す時期。集中力や記憶力は低下しまくっているのだから、勉強方も工夫しなくては。若い人と同じようにやったら負けだ。

英文法なんて全然忘れている。これは長文読解の下地になる部分だから、地道に確実におこなっていく。あとは早めに河合塾KALSに申し込みをして、個別ガイダンスで勉強法のアドバイスをもらうこと。相談できる方がいるのは心強い。講習会で先生がおっしゃっていた言葉を胸に頑張ろう。「大学院は勉強すれば誰でも受かります。勉強が全てです。」