cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.4.3

息子と自分の散髪のため、早めに家で昼食を食べてから銀座に出かける。国際フォーラムでは大学の入学式らしく、着慣れないスーツに身を包んだ若者が多くいた。新社会人の入社式も多くが今日。ここ数年間は迎え入れる側で仕事していたので、退社の実感を感じてしまった。なんだか不思議な気持ちだけど、役目が終わったんだなと。自分は自分の新学期を迎えるとしよう。

髪型の方は息子は前回同様のアシンメトリーショートカットにご満悦で、ワックスで前髪を立ててもらい、更にご機嫌な様子。自分はここ半年同様のヘアスタイルに。人に見られる商売になるので、したい髪型よりもそう見られたい髪型にしていくと決めた。そして実際、これが一番似合っている髪型のように思う。