cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.4.13

今週日曜から始まる予備校の予習をと思い「心理学」のテキスト第1講を開いてみると、いきなり問題がずらりと並んでいる。「甘くないぞ!」という脅しだろうか。解いてみたけどさっぱりわからない。オリエンテーションで先生がおっしゃっていた、「参考書を3冊広げて多角的に理解をし、何も見ないで200字程度で書いて説明できるような勉強をしなさいと」いう教えに沿って進めてみた。なるほど、時間はかかるが記憶の定着は良さそうだ。ゲシュタルト心理学のウェルトハイマーはマスターした。こうやって積み上げていくんだな。15年前に買った心理学辞典と用語辞典が役に立っている。捨てないでよかった。他の参考書は捨てたのにこの2冊は捨てなかった。この未来を暗示していたのかもしれない。