cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.5.22

子供部屋のレイアウトが気に入らなかったので、運動会振替休日だったせりにも手伝ってもらい30分ほどいじる。頭とメジャーで構想していたのですんなりいった。同じ家具でも高さや左右の配置で驚くほど印象が変わる。

午前中のうちに歯医者に抜糸に行った。痛みのイライラを、2〜3日で腫れがひくと言った先生に転嫁して精神的な均衡を保っている節があり「腫れも痛みも継続中です」と皮肉っぽく言ってしまった。「2時間処置しましたからね」と申し訳なさそうな答え方に、まあそうだよね仕方ないよねと、納得している自分がいた。抜糸はすんなり2分で終わる。痛みも腫れも早くひくといいな。

心理学講義の新しい先生が勧めてたイタリアの精神病院撤廃・ノーマライゼーションを題材にしたコメディー映画「人生ここにあり!」駅前のTSUTAYAで検索したらあったので借りてみた。旧作無料券は単独では利用できないため、こうが観たいといっていた「ゾンビランド」を一緒に借りた。