cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.6.16

お題「収納術」

ひととき禅の本をよく読んでいて、持たない精神に共感した。モノを増やさないことを第一義に考えている。それでも家族四人生活だとそれなりにモノはある。デッドスペースをつくらない、スペースは詰め込みすぎない適度な隙間をつくる、一見矛盾するこの2つを大事にしてる。高さのあるスペースにモノを直置きすると上部空間が無駄になる。こういう場所には無印良品の引き出し棚を2段重ねしてスペースを埋める。ただしびっちり埋めると窮屈で圧迫的な印象になるので、サイドなどに程よい遊びを設ける。モノが増えたら緊急避難的にそこに突っ込めばいい。

ひとつものを増やしたらひとつ捨てる。服は2年間着なかったら破れていなくても捨てる。人は1日に3合の米と1畳の寝床があれば充分に生きていける。