cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.6.28

今週で6月が終わる。月日が過ぎるのはなんと早いものか。

心理学英語の教室がひとまわりコンパクトな場所になっていた。午前中の避難訓練の影響か受講者数の問題か…来週の場所次第で原因は判明するだろう。文章全体でどんなことが書かれているのかは掴めてきた。細部と意訳を詰めていく。

教室を出て新宿駅に向かう道すがらで研究計画書の綻びを思いついた。研究者名並列で研究内容ひとつはよくない。それぞれに違う視点で調査したのだから。直さなきゃ。