cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.7.2

昨晩は関西じゃらん時代の同僚と約3年ぶりに顔を合わせた。みなさんそれぞれに徳を積み重ねて人間味が増していた。時間が経った分だけ人は変化する。素敵な変化に触れて嬉しくなるとともに、自分もまた頑張ろうと思ったわけです。

日曜日は午前中から予備校へ。1日2コマのスケジュールにも体力的に慣れてきた。授業後、研究計画書の相談会をしてもらい。気になる点のフィードバックをもらった。外資の証券会社に勤めていたというこの先生とは気があう。チューニングしなくても波長が合う人は貴重だ。きっといいセラピストになりますよと言ってくれた励ましの言葉を胸に、また勉強に邁進するのみだ。