cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2017.11.23

歯車が噛み合いだしたのが先週なら、今週はそこから動力が伝わり推進した週となった。

2ゴール1アシストとスコアに絡めた土曜日のサッカーで上機嫌のまま、月曜日は採用代行アルバイトの面談に虎ノ門ヒルズへ。待合いロビーで岩政大樹選手とすれ違い、その威風堂々とした存在感にうっとりする。面談は1時間ほどで終わるが、入試面接とは違う企業的雰囲気に緊張してしまった。火曜日は老人ホームの傾聴ボランティアに参加させてもらう。おばあさんの話し言葉は聞き取れなくても、心だけは誠意を持ってそばに寄り添おうと努めた。周囲の雑音に集中しきれなくなる時間帯もあったけど、たくさん話をしてもらえたということはそれなりに役目は果たせたのかなと思う。週イチでお邪魔するつもりで、これは4月以降も継続したいな。日本料理屋のアルバイトは慣れ始めてきており、次はお酒をつくれるように覚えていこうと思う。

採用代行アルバイトから具体的な仕事依頼メールが届く。大手メーカーとして大学訪問する仕事は、思っていた以上に報酬額が高い。内容を見るとデリケートな部分が多く、社会人経験や対人折衝能力が必要そう。ここでアピールできればさらなる依頼にありつける。錆びた刀のメンテナンスにもってこいの機会になりそうだ。67.1kg