cocoronocacari essay

読むことで救われてきた。書くことで未来を手繰り寄せる

2018.2.7

今週のお題「ゲン担ぎ」

最近はもっぱら4月に向けての勉強の継続とパートタイムのお仕事に時間を費やしている。勉強は期限や強烈な目標がないので、ダレダレになってしまう。おとといから英文和訳も追加した。パートタイムはながやまでのホールと採用支援で、二足のわらじは時に気分転換となりよい相互作用をもたらす。

ゲン担ぎをしないというゲン担ぎをしている。決めたルールに縛られると、もしそれができなかった場合に不安が広がることになる。縛られたり捕らわれたりすると本来の力を発揮できなることが多かった。何かに挑むときは直前に大きく深呼吸、肩の力を抜いてよし行くぞと気合を入れる。これが今のスタイルだ。